学校長挨拶




 

士學舎学校長 佐藤 克行

プロフィール

 1953年北海道旭川市に産まれる。血液型O型。趣味は、空手2段、ボディービル(埼玉県マスターズ6位)、読書(年間1000冊読破)、中国大好き人間(中国語はダメ)。北海道の大学卒業後、上京し中野の会計事務所に勤務する。以後、複数の会社での経理を担当し、現在、㈱オフィス佐藤の代表取締役 社長、山口税理士事務所の副所長・明星大学の講師を務める。この間、関与した会社は約350社。資金繰りから始まる会社再建は独特のノウハウがある。中小企業は、資金繰りに始まり資金繰りに終わるというのが信条。
 特に2007年に実行した、映画配給会社の信託と税の繰延べを用いた資金調達方法は、我が国唯一の方法として話題を集める。その他、中小企業の私募債による資金調達、ベンチャー企業投資ファンドなどを組成する。
 また、実務の生の声を伝える大学の名物講師として、教鞭を振るう。
 人間どんな、冴えない状況にあっても(僕もかつて、優秀な?劣等生でした)、考え方と行動を一つ変えることにより、素晴らしい世界を見ることができるという経験知を伝えるため、2011年本校開校に至る。

 -専  門-  資金繰り会計・資金管理論
 -論  文-   「税の解釈と適用についての事前確認制度について」(立正大学)
「予算管理と人間行動についての一考察」(大東文化大学)
-書  籍-  「所得税入門ゼミナール」(共著)創成社
-最終学歴-  大東文化大学大学院 博士前期課程修了
-資  格-  税理士資格取得

魂のメッセージ

 みなさん、こんにちは。
 これから何かのがあって、みなさんと一緒に将来の夢に向かって頑張っていくわけですが、 その前に私の考えを聞いてもらえますか。

何があっても一生食べていける技を身につける
 これが本校の基本コンセプトです。

 昔は、よく親に「手に職をつけなさい」と言われたものです。 しかし世にある多くの技の中から何かをピックアップして、 それを一生の生活の糧にするのは、口で言うほど簡単な事ではありません。

 でも、安心してください。あなたへの最高のサプライズを用意してみました。 そう「実務簿記」の知識を習得して、その「技をもって一生食べていける」方法を伝授することです。

 私は仕事柄、多くのビジネスパーソンや会社の経営者に接する機会があるのですが 成功している方を見ていると、ある決まった共通点があることに気が付きました。

 それは、どの方も「数字」に強いということです。

 世の中には、会計伝票を処理したり、 決算書も作ったりすることが得意な方は沢山いますが、 それを利用したり使いこなしたりできる方は非常に少ないという事実があります。

よって、育てたいのは、「即戦力」を身につけた、「数字の達人」。今の時代だからこそ、その必要性が求められているにも拘らず実務を専門的に教えてくれる学校が無いのが現状です。

 私たちの経験、実績、そして単なる「ティーチャー」としてではなく現役の「プレイングマネージャー」として、生の声で伝えられる事、まさにそこに「実」があり、簿記という単なる資格や知識を超えた本当の「一生食べていける技」を身につけられる根拠があります。

 もう一つ教えたいのは、「コミュニケーション」の大切さです。表面上は単なる数字の羅列でも、そこにはお客さんや経営者そしてそこに携わるたくさんの人々の、様々な感情が隠されています。  「経営の写像が数字」と言われますが、数字を理解し、数字を読み取る事で簿記というものに本当の意味が生まれ、信頼を勝ち取ることで、、数多くいる資格者との「差別化」が図れると確信しています。

 「簿記・会計」は、決して職業会計人や経理事務員の専売特許ではありません。 社長にも、一般社員の方にも、そして貴方にも絶対必要な知識なのです。

 この機会に是非、一度無料体験して頂き、私たちの「生の声」を聞いてみませんか? あなたにとって、素晴らしい世界が見えることをお約束致します。

 扉をあけるのは、貴方の勇気と熱意です。

学院長 佐藤 克行